みんなやってる!デリケートゾーンのお手入れ方法♡

      2016/12/16

150912235990_tp_v

アンダーヘアって処理したほうがいいの?周りになかなか聞きにくいし、考えているとなんだかもやもやしてきますよね。処理するのが正解?どれくらい剃ればいいの?形は?そんな悩みを一気に解決しちゃいましょう!

実際はみんな処理しているの?

デリケートゾーンの処理をしている?というアンケートで
なんと60パーセントの人が処理していると判明!!
残り40パーセントはそのまま放置しているって。

別のアンケートでは80パーセント以上の女性が処理をしているという結果も。海外での当たり前が、日本でも浸透しつつあるのかも。

で、結局のところデリケートゾーンの処理はしたほうがいいの?ってことだけど、、、。

ズバリ!処理したほうがメリットがたくさんあるのですよ♡

デリケートゾーンを処理するメリット

アンダーヘアを処理するのって、夏に水着を着るからアンダーヘアがはみ出ないようにって、そのためだけだと思っていませんか?

実はデリケートゾーンの処理をすることはそれだけじゃないんです。他にもたくさんあるからみんなも試してみて♡

 

見た目がキレイ

先に紹介しちゃったけど、一番は見た目がキレイになること。水着とかでアンダーヘアがはみ出てるのはイヤですよね。それにアンダーヘアって太くて硬いから膨れてしまったりゴワゴワしたりするので気になる人も多いはず!

 

臭いがなくなる

アンダーヘアがなくなると臭いがしなくなります。なぜかというと、オリモノや生理の血がアンダーヘアについて雑菌が繁殖しなくなるからです。

雑菌が繁殖しないということは衛生的であるということでもあります。ちゃんと処理してあげると、生理の時イヤな臭いもしなくなりますよ♡

 

生理中の不快感からの解放

生理中ってムレたりして痒くなって不快じゃないですか?そんな生理中の悩みもアンダーヘアを処理してあげると改善されます!アンダーヘアがあることでムレて痒みや臭いの原因になっているので、しっかり処理してあげましょう♡

アンダーヘアってどう処理するのか不安…。

こんなにメリットあるなら処理したい!でも…。不安…。その気持ちすごくわかります。そんな人でも大丈夫!セルフ処理だと肌に負担がかかってしまうこともあるけど、やり方さえしっかりわかれば問題なく誰でも簡単にできるよ♡

 

救世主!ヒートカッター!

一番おすすめなのはヒートカッターを使うこと。カミソリが王道だけど、ヒートカッターはアンダーヘアを焼いて切ってくれます。焼いて切るので毛先が丸くなってチクチクしないんだよ♡ハサミやカミソリだと毛先が鋭利になるから生えかけはチクチク痒くなるんだ。

ちなみに、ヒートカッターって剃るためではなくて、長さを調節するものです。つるつるにならないけど、短く長さを調節するだけで快適になるし見た目もだいぶ変わるから、初心者はこれで試してみてね♪

 

シェーバーを使う!

思いっきりつるつるにしたい!そんな方もいると思います。その場合は、一度ハサミで短くカットしてからシェーバーで剃るのがいいですよ。

デリケートゾーンは毛穴が立っていたりするので、いきなりカミソリで剃ったりシェーバーで剃ったりすると肌を傷つけてしまうので気を付けましょう。また、そうした傷は黒ずみにもなるので注意が必要です。

とにかく負担がかからないように処理をしましょうね♡

そひて、処理した後はしっかり保湿してあげること!デリケートゾーンを処理することのデメリットを回避できます。

しないほういいコト

カミソリでは剃らないほうがいいです。カミソリなら電気シェーバーのほうが肌への負担が少ないので、シェーバーにしましょう。あと、毛抜きや除毛クリームも控えたほうがよさそうです。炎症やかぶれの原因になります。

特に肌質が弱いと感じる方は要注意です!

どれくらい処理するのがいいのかわからない…。

一度は聞いたことがあるでしょう。はじめはVIOラインを確認して、それぞれを意識して処理していきましょう。

  • Vライン 正面から見えるアンダーヘア
  • Iライン  股の間
  • Oライン 肛門あたり

基本的にセルフ処理でできるのはVIラインです。Oラインは危険で難しいので、サロンなどを予約して施術してもらいましょう。

 

Vラインの処理

処理する前に蒸しタオルでアンダーヘアを柔らかくしてあげましょう。全体的に剃ってあげて面積を減らす、あるいはヒートカッターで長さを整えるだけでもいいと思います。

処理がし終わったらワセリンなどで保湿してあげることも忘れずにね♡

 

Iラインの処理

Iラインはとてもデリケート。だから剃らずに整える程度がベスト。肌にはできるだけ触れないよう処理しましょう。なんといっても、たまにやってしまうのが毛抜き。毛抜きをすると様々なトラブルを引き起こすのでやめましょうね。

 

Oラインの処理

Oラインはサロンなどでプロに任せましょう。自分で処理するのは危険です。色素沈着を引きおこしやすいデリケートな部分なのでセルフ処理は控えましょう。

 

形の整え方

最近はアンダーヘア用の型取テンプレートがあるんです。きれいな基準がわからない!そんな方へおすすめです。

テンプレートをアンダーヘアにあてて、はみ出した部分をシェーバーなどで整えていくだけです。左右非対称になることは防げるので、初心者でも安心です♡

抑毛ローションで薄くする

最近では敏感肌の女性が増えてきたということもあり、肌荒れしないボディケア商品が売れていたりします。そこで、敏感肌でかゆみなどを感じやすい方のために
抑毛成分配合した肌に優しい商品をこちらで紹介しています。

普段見えないからこそキレイに♡

デリケートゾーンの処理って扱いにくかったり勇気が出なかったり。ステキ女子はみんな実践しているよ!これを機にワンランク上の女性を目指しましょう。きっとあなたならできますよ♪

 - アンダーヘアの処理