【デリケートゾーン】だから正しいアンダーヘアの処理を!

      2016/12/16

783e0230dc68dea42dacf3219d01fabb_s

 

春の出会いや夏の旅行、ハロウィンパーティー、クリスマスと年中イベントがあり、友達や異性と過ごすとなった時はアンダーヘアの処理をしておきたいですよね。

とはいっても、なかなか相談できない方もいると思うので、正しい方法をご紹介したいと思います。少し間違うと黒ずみや肌荒れなどの原因にもなるので注意が必要なんです。

では医師に相談してきたので、それをそのままお伝えできればと思います。最後までお付き合いください。

海外では当たり前なアンダーヘアの処理

欧米などの海外では、当たり前のアンダーヘアの処理。その影響があって日本でも最近は少しずつ処理する人口が増えているようです。日本ではまだカミソリが主流ですが、海外では除毛クリームが主流のようです。

そういう意味では、日本はまだまだ遅れていますが、まずはカミソリで処理してアンダーヘアを処理することに慣れていきましょう。

実際、処理なんて簡単にできますが、その場限りの処理を行うと今後、黒ずみや肌荒れ、埋没毛といった別の悩みの原因になる可能性もあります。

なので、いきなりカミソリでアンダーヘア処理をやって、そういったことを防ぐためにも正しい方法を知りましょう。

アンダーヘアの処理の種類は2種類!

アンダーヘアを処理する方法は、大きく分けて2種類です。1つ目は、自宅での自己処理です。そして、2つ目が医師や脱毛サロンで施術してもらう方法です。

自己処理は、具体的に先にも挙げたカミソリやシェーバー、除毛クリームや脱毛ワックス、ヒートカッターなどです。

これらを使って自己処理するのは少し怖いですよね。自信がない方は皮膚科で医師に相談したり、ネットで脱毛サロンやレーザー脱毛を予約して、施術してもらうといいと思います。自己処理よりきれいな仕上がりなのも一つの魅力です。

で、実際にアンダーヘアの処理の1番の方法は?

キレイな仕上がりや肌の負担を考えると、レーザー脱毛や光脱毛がおすすめです。

しかし、夏に水着を着る際の長さを整える程度であれば、ヒートカッターが適しているといえます。

自分に合った処理方法を考えるには、実際にサロンなどで施術を受けるとなると、お金もかかってくるので、様々な処理方法の特徴を知ったうえで選ぶ必要があります。

これからそれぞれの処理方法でのメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

王道!カミソリとシェーバーでの処理

メリットは、

  • とにかく安い。
  • 時間がかからず手軽にできる

デメリット

  • 処理頻度が多い
  • チクチクする
  • 肌も剃ってしまい、肌を傷める
  • カミソリ負けで肌荒れ
  • 色素沈着の原因

頻繁な処理が必要なため、肌荒れの原因になります。なので、アフターケアが大切になってきます。

具体的には、ローションなどで保湿をしてあげます。しっかり塗り込んであげて、性器はデリケートなので天然成分のものを使用しましょう。

流行りつつある!?ワックスでの処理

まずはじめに行っておきますが、これはおすすめしません。
ここでは毛抜きも一緒という認識で含めて読み進めてください。

毛を抜くという行為は、毛の周りの細胞を刺激しさらに太くて濃い毛が生える原因になります。それに、痛みも伴い、肌へのダメージも大きいのであまりいいことありません。

メリット

  • 毛根から抜くため、しばらく処理がいらない
  • チクチクしない

デメリット

  • 毛を抜くので痛い
  • 肌が荒れる可能性がある
  • 埋没毛になると自宅でケアができない

メリットだけを見るとよさげですが、そんなことないので気を付けましょう。一時の勢いで処理すると後々後悔しますよ。

海外ではスタンダード!除毛クリームでの処理

クリームを除毛したい部位に塗って少し放置した後に、洗い流す処理法です。傷みなく比較的キレイに処理できます。

メリット

  • 塗るだけで手軽にできる
  • 刃をあてないので傷ができない
  • 一度に広範囲を処理できる

デメリット

  • アレルギーの可能性がある
  • 表面の毛を溶かすのですぐに生えてくる
  • 薬剤は刺激があるため粘膜部分には注意が必要
  • 肌に薬剤のダメージが加わる

毛を溶かす強力な薬剤を使用しているため、肌に少なからず負担がかかります。デリケートゾーンに使うには少し注意が必要です。

細かな処理にはヒートカッター

熱によって毛をカットする方法です。

メリット

  • 切断面が丸くなるのでチクチクしない
  • 自宅で手軽にできる
  • 肌の負担が少ない

デメリット

  • 毛自体をなくせない

自宅で手軽にできる反面、処理頻度は多くなりそうです。ただ、イベントに合わせて短時間の露出であれば十分だと思います。

お金に余裕があれば試したい!レーザー脱毛

美容皮膚科やクリニックで施術します。自己処理よりキレイに仕上がります。

メリット

  • 個人差はあるが永久的に毛が生えることがなくなる
  • 毛のメラニン色素のみの反応なので肌や皮膚への負担が少ない
  • 自己処理でできない部位もキレイに処理できる

デメリット

  • 太くて濃い毛だとレーザー照射時に痛みが伴う
  • 毛周期を把握して通う必要がある
  • 2~3か月ごとに4,5回ほど通う必要がある
  • お金がかかる

キレイに処理するには部位ごとの毛周期を知って、その毛周期に合わせて処理を行わないといけません。時間とお金がかかる分、永久脱毛が実現します。

レーザー脱毛との違いがわからない!?光脱毛での処理

一般的にサロンなど医師ではなく美容師が行う脱毛方法です。レーザー脱毛のほうが効果はあるといわれています。

メリット

  • 皮膚への負担が少ない
  • レーザー脱毛より痛みを伴わない
  • 自己処理で難しい部分もキレイに処理できる

デメリット

  • レーザー脱毛より効果が薄く、毛が生えてきやすい
  • レーザー脱毛より通う頻度が高い

レーザーとどちらがいいかというのは、個人によりけりです。私はレーザー脱毛しました。心配性なので医師の判断のもと脱毛がしたかったからです。これを機に、いろいろ考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

以上、これまでにいくつかの方法をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

アンダーヘアの処理ってなんだか緊張しますよね。安全性や肌への負担、そしてキレイな仕上がりを望むのであればレーザー脱毛や光脱毛、ヒートカッターがいいと思います。

ですが、はじめはカミソリで丁寧に処理し、アンダーヘアを処理することになれたほうがいいのではないでしょうか。処理に抵抗があっては、クリニックやサロンに行ってなんだか恥ずかしいですし、まずは自分で少しでもいいのでやってみる!その試みが大切だと感じます。

アンダーヘアの処理は、見た目も大切ですが衛生面の清潔さも兼ねています。ですので、お手入れをする心がけはいいことだと思います。

自己処理を行う時は、これまでにご紹介したメリットとデメリットを理解した上で適切に行うようにしてください。

天然成分で敏感肌でも問題なく使用できるのがこちらのコントロールジェルミーという商品。肌荒れや自己処理に自信がない方はちょっと覗いてみては!?

あなたのキレイを応援してます。きっとうまくいきますよ(^^♪

 - アンダーヘアの処理 , , ,